HOME > 西川眞知子

西川眞知子

アーユルヴェーダマスター ヨガマスター 奇跡の65歳!!?

西川眞知子プロフィール
株式会社ゼロサイトグループ代表取締役
日本ナチュラルヒーリングセンター代表
西川眞知子アーユルヴェーダ研究所代表
一般社団法人アーユルヴェーダ美容医療協会代表理事
一般社団法人日本パステルシャインアート協会副代表
日本アーユルヴェーダ学会評議委員
学校法人たかの友梨美容専門学校講師
日本チベット研究会理事 ふるさとテレビ顧問

神奈川県生まれ。上智大学外国語学部英語学科を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。
米国ニューオリンズ世界万国博覧会コンパニオン。
幼少期の病弱を自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインド、アメリカなどを歴訪し、ヨガや自然療法に出会う。
それらの経験と研究を元に、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。体質別健康美容法を提案し、独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築。
健康美容のコンサルティング、商品開発などに携わるかたわら、講演、セミナーなどをこなす毎日を送っている。講演やセミナーは独自の発想が好評を博している。
「生命の科学アーユルヴェーダ」「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」など著書は30冊以上。

Message

みなさんは「アーユルヴェーダ」をご存知ですか?
「聞いたことはあるけど、内容まではよくわからない
という人が多いのではないでしょうか?

アーユルヴェーダは、インドで生まれた伝統医学です。
「医学」とはいっても、現代医学のように病気を治すことが中心ではなく、
病気にならないよう普段の生活をととのえることに重きをおいています。

その極意を一言でいえば、「毒出し」。
アーユルヴェーダでは、たまってしまった毒こそが、
体や心の不調を引き起こし、やがて病気の元となると考えます。

とくに、現代生活は、食事や生活習慣、人間関係、ストレスなどなど、毒の元がたくさん!
知らず知らずのうちに毒素をためてしまい、体調を崩したり、慢性的な不調を抱えている人であふれています。

そこで、毒素を効果的に体外に排出(デトックス)し、免疫力や自然治癒力を高めることが大切になってくるのです。

アーユルヴェーダには、1日の過ごし方や食事、ヨガ、マッサージ、美容、アロマ、カラー、風水まで、
毎日の生活のさまざまな場面で、毒出しをして健康的にイキイキと過ごす教えが数多くあります。
私は、これらの教えを「おうちのアーユルヴェーダ」と名づけて、講座やセミナーなどでたびたびご紹介してきました。

毒出しをして、体が変わってくると、毎日が楽しくなってきます。
スリムになり、肌や髪の輝きも増すなど、外見もどんどん変わってきます。
楽しく、美しく、イキイキとしたえ毎日を送るヒントとして、
できるところからアーユルヴェーダを取り入れていただけるとうれしいです。

西川眞知子が考える《アーユルヴェーダ》とは...

本来、アーユルヴェーダは、インドで生まれた5千年の歴史ある伝統医学です。
今やアメリカや欧米諸国でも代替療法の一つとして行われています。

私はインド生まれのアーユルヴェーダをこの日本にあったものとして、老若男女誰もがアーユルヴェーダの知恵の恩恵を受け、今以上に健康で幸せな毎日を送るお手伝いをすることを使命としています。
なぜならば、日本人は、自分の国に調和させていく力があるからです。どのような素晴らしいものでも、日本では日本にあったものこそが大切という考え方を持っています。

例えば、日本人の好きな食べ物、ラーメンやカレー。それぞれ発祥の地は中国とインドです。ところが、日本のラーメンは本場の中国とはかなり様変わり、つけ麺、魚介出汁。カレーには、ニンジンやジャガイモをゴロゴロと入れたバーモントなどとインドのカレーとは一味違うもの、さらには、カレーうどん、カレー味のおせんべい...。

本場顔負けの発展ぶりです。日本人は、本場以上の力を見出すことが出来るのです。

西川眞知子が持つ40年以上のノウハウとは...

私は幼稚園は仏教、中高は神道、大学はキリスト教と仏教と様々な宗教の教えをベースとした学校に通ってきました。
宗教というと、現代の日本人はいぶかしい顔をされる方も多いかもしれませんが、そこには共通の生命について考え、生きる意味、また死についての教えを持っています。古代から世界に受け入れられてきた人が、自然にまたハッピーに生きるコツを一同に集め有機的な結合をさせていくとき、まさにアーユルヴェーダは一見関係なさそうな方法や理論までも一本の糸で結びつなげていくことができたのです。

だからこそ、私からお伝え出来ることは、アーユルヴェーダは人まねでない生き方、人と比べていく生き方からの決別。そこから生まれてくることは個性はという違いを受け入れ個性を仕事や人間関係にまで活かすこの役割が見えてくるというものです。
インドの言葉を極力使わないで日本語で素晴らしいアーユルヴェーダの叡智を伝えること。
奥が深く難解なアーユルヴェーダの叡智を誰もがわかるようにかみ砕いてお伝えすること。

私が40年以上追い求めていることは、そういうことかもしれません。

このサイトに訪れてくれた、すべての方へ...

自分が嫌いな人も、自分に自信がない人も、自分に自信が持てるようになると今までのように人まねや、人と比べて卑下することもなくなっていきます。

結果として本来の美しさが引き出されたり、仕事やプライベートに自分らしさを活かしてイキイキキラキラして毎日を送ることが出来るようになれるのです。

自分と大切な人の健康と、幸せを人に任せるばかりでなく、楽しんでいける智恵のある自然生活を送ってもらいたい。
ちょっとしたプチ不調と言われるものなら、自分のケアを行うこともできる自立した健康観を持ってもらいたい。

人まねではないオリジナルな人生の送り方を楽しむことができ、
輝く人が増えたらば、その輝きによって周囲の人幸せになり、
さらにその輝きは、地域、国、世界をハッピーにしていくのではと思っています。


このページのトップへ